ボクシング現世界主要4団体王者一覧【男子全17階級】

ボクシング特集
スポンサーリンク

本記事では、ボクシングの階級別の現在の主要4団体である、WBA・WBC・IBF・WBOのそれぞれの世界王者を一覧で紹介します。

ボクシングの階級の数は?

プロボクシングの階級は男子が17種類、女子が18種類と選手の体重によって細かく分けられています。

階級を分ける目的とは?

ボクシングという競技は当初、階級分けがなく無差別で行われていましたが、以下のような背景から階級制度が導入されたと言われています。

興行収入などの商業目的のため


階級が細かくなるということは、各階級にそれぞれ世界王者が存在するということになります。そのため、タイトルマッチや団体同士のマッチメイク、各階級別の大会などを多数開催することができます。試合数が増えればその分、興行収入を得やすくなり、複数階級に分けることは、商業的にプラスとなることが考えられます。

公平に試合を行うため

ボクシングは他のスポーツと比べて体重による戦力差が大きく、少し違うだけでパンチ力に大きく影響します。また、選手の身体を守ることを目的として、階級が細かく設定されたとも言われています。

階級別世界王者一覧

ミニマム級 (47.62キロ)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
タイフィリピン日本プエルトリコ
選手名ノックアウト
CPフレッシュマート
メルビン
ジェルサレム
重岡銀次朗オスカー
コラーゾ
戦績24-0-0-0 (9)22-3-0-0 (13)10-0-0-1 (8)8-0-0-0 (6)

ミニマム級主要選手
関連記事はコチラ↓

ノックアウト・CPフレッシュマート選手の戦績と強さ分析

重岡優大選手の戦績と強さ分析

重岡銀次朗選手の戦績と強さ分析

ライトフライ級 (48.97キロ)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
日本日本南アフリカ共和国プエルトリコ
選手名寺地拳四朗寺地拳四朗シベナティ
ノンティンガ
ジョナサン
ゴンサレス
戦績23-1-0-0 (14)23-1-0-0 (14)13-1-0-0 (10)27-3-1-1 (14)

ライトフライ級主要選手
関連記事はコチラ↓

寺地拳四朗選手の戦績と強さ分析

ジョナサン・ゴンサレス選手の戦績と強さ分析

エイドリアン・クリエル選手の戦績と強さ分析

ヘッキー・ブドラー選手の戦績と強さ分析

フライ級 (50.80キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
日本メキシコアメリカ合衆国
選手名ユーリ
阿久井政悟
フリオ・セサール
マルティネス
空位ジェシー
ロドリゲス
戦績19-2-1-0 (11)20-2-0-2 (14)19-0-0-0 (12)

フライ級主要選手
関連記事はコチラ↓

ジェシー・ロドリゲス選手の戦績と強さ分析

サニー・エドワーズ選手の戦績と強さ分析

フリオ・セサール・マルティネス選手の戦績と強さ分析

ユーリ阿久井政悟 の戦績と強さ分析

スーパーフライ級 (52.16キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
日本メキシコアルゼンチン日本
選手名井岡一翔ファン・フランシスコ
エストラーダ
フェルナンド
マルティネス
田中恒成
戦績31-2-1-0 (16)44-3-0-0 (28)16-0-0-0 (9)20-1-0-0 (11)

スーパーフライ級主要選手
関連記事はコチラ↓

ファン・フランシスコ・エストラーダ選手の戦績と強さ分析

井岡一翔選手の戦績と強さ分析

フェルナンド・マルティネス選手の戦績と強さ分析

ローマン・ゴンサレス選手の戦績と強さ分析

田中恒成選手の戦績と強さ分析

バンタム級 (53.52キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
日本日本プエルトリコオーストラリア
選手名井上拓真中谷潤人エマヌエル
ロドリゲス
ジェイソン
モロニー
戦績19-1-0-0 (5)27-0-0-0 (20)22-2-0-1 (13)26-2-0-0(19)

バンタム級主要選手
関連記事はコチラ↓

ジェイソン・マロニー選手の戦績と強さ分析

エマヌエル・ロドリゲス選手の戦績と強さ分析

井上拓真選手の戦績と強さ分析

中谷潤人選手の戦績と強さ分析

アレハンドロ・サンティアゴ選手の戦績と強さ分析

武居由樹選手の戦績と強さ分析

スーパーバンタム級 (55.34キロ)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
日本日本日本日本
選手名井上尚弥井上尚弥井上尚弥井上尚弥
戦績26-0-0-0 (23)26-0-0-0 (23)26-0-0-0 (23)26-0-0-0 (23)

スーパーバンタム級主要選手
関連記事はコチラ↓

井上尚弥の戦績と強さ分析

マーロン・タパレスの戦績と強さ分析

ルイス・ネリの戦績と強さ分析

アフマダリエフの戦績と強さ分析

ジョンリル・カシメロの戦績と強さ分析

スティーブン・フルトンの戦績と強さ分析

井上尚弥本人が明かすスーパーバンタム級で戦うべき4人についてご紹介!

フェザー級 (57.15キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
アメリカ合衆国メキシコメキシコ メキシコ
選手名レイモンド
フォード
レイ
バルガス
ルイス・アルベルト
ロペス
ラファエル
エスピノサ
戦績15-0-1-0 (8)36-1-0-0 (22)30-2-0-0 (17)24-0-0-0 (20)

フェザー級主要選手
関連記事はコチラ↓

リー・ウッド選手の戦績と強さ分析

ルイス・アルベルト・ロペス選手の戦績と強さ分析

レイ・バルガス選手の戦績と強さ分析

ロベイシー・ラミレスの戦績と強さ分析

スーパーフェザー級 (58.97キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
アメリカ合衆国アメリカ合衆国イギリスメキシコ
選手名ラモンローチ
ジュニア
オシャキー
フォスター
ジョー
コルディナ
エマヌエル
ナバレッテ
戦績24-1-1-0 (9)22-2-0-0 (12)16-0-0-0 (9)38-1-0-0 (31)

スーパーフェザー級主要選手
関連記事はコチラ↓

エマヌエル・ナバレッテ選手の戦績と強さ分析

オシャキー・フォスター選手の戦績と強さ分析

ジョー・コルディナ選手の戦績と強さ分析

ライト級 (61.23キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
選手名ジャーボンテイ
デービス
シャクール
スティーブンソン
空位空位
戦績29-0-0-0 (27)21-0-0-0 (10)

ライト級主要選手
関連記事はコチラ↓

ガーボンタ・デービス選手の戦績と強さ分析

シャクール・スティーブンソン選手の戦績と強さ分析

ライアン・ガルシア選手の戦績と強さ分析

ワシル・ロマチェンコ選手の戦績と強さ分析

スーパーライト級 (63.50キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
メキシコアメリカ合衆国プエルトリコアメリカ合衆国
選手名イサック
クルス
デビンヘイニースブリエル
マティアス
テオフィモ
ロペス
戦績26-2-1-0 (18)31-0-0-0 (15)20-1-0-0 (20)19-1-0-0 (13)

スーパーライト級主要選手
関連記事はコチラ↓

デビン・ヘイニー選手の戦績と強さ分析

ジョシュ・テイラー選手の戦績と強さ分析

テオフィモ・ロペス選手の戦績と強さ分析

スブリエル・マティアス選手の戦績と強さ分析

イサック・クルス選手の戦績と強さ分析

レジス・プログレイス選手の戦績と強さ分析

平岡アンディ選手の戦績と強さ分析

ウェルター級 (66.68キロ)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
アメリカ合衆国アメリカ合衆国アメリカ合衆国アメリカ合衆国
選手名テレンス
クロフォード
テレンス
クロフォード
ジャロン
エニス
テレンス
クロフォード
戦績40-0-0-0 (31)40-0-0-0 (31)31-0-0-1 (28)40-0-0-0 (31)

ウェルター級主要選手
関連記事はコチラ↓

テレンス・クロフォード選手の戦績と強さ分析

エロール・スペンス・ジュニア選手の戦績と強さ分析

ジャロン・エニス選手の戦績と強さ分析

エイマンタス・スタニオニス選手の戦績と強さ分析

スーパーウェルター級 (69.85キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
ウズベキスタンアメリカ合衆国アメリカ合衆国
選手名イスラエル
マドリモフ
セバスチャン
フンドラ
空位セバスチャン
フンドラ
戦績10-0-1-0 (7)21-1-1-0 (13)21-1-1-0 (13)

スーパーウェルター級主要選手
関連記事はコチラ↓

ジャーメル・チャーロ選手の戦績と強さ分析

ティム・チュー選手の戦績と強さ分析

ブライアン・メンドーサ選手の戦績と強さ分析

セバスチャン・フンドラ選手の戦績と強さ分析

ミドル級 (72.57キロ)

団体WBAWBCIBFWBO
アメリカ合衆国アメリカ合衆国カザフスタンカザフスタン
選手名エリスランディ
ララ
ジャーモール
チャーロ
ジャニベク
アリムハヌリ
ジャニベク
アリムハヌリ
戦績30-3-3-0 (17)32-0-0-0 (22)15-0-0-0 (10)15-0-0-0 (10)

ミドル級主要選手
関連記事はコチラ↓

ジャニベク・アリムハヌリ選手の戦績と強さ分析

カルロス・アダメス選手の戦績と強さ分析

エリスランディ・ララ選手の戦績と強さ分析

スーパーミドル級 (76.20キロ)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
メキシコメキシコメキシコメキシコ
選手名サウル
アルバレス
サウル
アルバレス
サウル
アルバレス
サウル
アルバレス
戦績60-2-2-0 (39)60-2-2-0 (39)60-2-2-0 (39)60-2-2-0 (39)

スーパーミドル級主要選手
関連記事はコチラ↓

サウル・カネロ・アルバレス選手の戦績と強さ分析

デビッド・ベナビデス選手の戦績と強さ分析

クリスチャン・エンビリ選手の戦績と強さ分析

カレブ・プラント選手の戦績と強さ分析

ライトヘビー級 (79.38キロ)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
ロシアカナダカナダカナダ
選手名ディミトリー
ビボル
アルツール
ベテルビエフ
アルツール
ベテルビエフ
アルツール
ベテルビエフ
戦績22-0-0-0 (11)20-0-0-0 (20)20-0-0-0 (20)20-0-0-0 (20)

ライトヘビー級主要選手
関連記事はコチラ↓

アルツール・ベテルビエフ選手の戦績と強さ分析

ディミトリー・ビボル選手の戦績と強さ分析

ジョシュア・ブアツィ選手の戦績と強さ分析

カラム・スミス選手の戦績と強さ分析

クルーザー級 (90.72キロ)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
メキシコドイツイギリス
選手名ヒルベルト
ラミレス
ノエル
ゲボール
空位クリス
ビラム=スミス
戦績45-1-0-0 (30)27-2-0-0 (12)19-1-0-0 (13)

クルーザー級主要選手
関連記事はコチラ↓

ジェイ・オペタイア選手の戦績と強さ分析

マイリス・ブリエディス選手の戦績と強さ分析

バドゥ・ジャック選手の戦績と強さ分析

クリス・ビラムスミス選手の戦績と強さ分析

ヘビー級 (90.72キロ以上)

団体WBAスーパー王座WBCIBFWBO
ウクライナイギリスウクライナウクライナ
選手名オレクサンドル
ウシク
タイソン
フューリー
オレクサンドル
ウシク
オレクサンドル
ウシク
戦績21-0-0-0 (14)34-0-1-0 (24)21-0-0-0 (14)21-0-0-0 (14)

ヘビー級主要選手
関連記事はコチラ↓

オレクサンドル・ウシク選手の戦績と強さ分析

タイソン・フューリー選手の戦績と強さ分析

デオンテイ・ワイルダー選手の戦績と強さ分析

アンソニー・ジョシュア選手の戦績と強さ分析

張志磊(ツァン・チレイ)選手の戦績と強さ分析

ジョー・ジョイス選手の戦績と強さ分析

本記事は、以上になります。本サイトでは、他にも格闘技に関する記事をたくさんアップしています。少しでも興味をお持ちの方は、ぜひ他の記事もご覧ください。最後までご覧いただきありがとうございました。

※米専門誌「ザ・リング」の各階級TOP3を紹介しています

スポンサーリンク