ライト級 ボクシングランキング【リング誌】

ボクシング特集
スポンサーリンク

本記事では、アメリカのボクシング専門誌「The Ring」に収録されているボクシング・ライト級 (61.23キロ)の認定王座及びランキングTOP3の選手を紹介します。

The Ring誌 ランキングとは

「The Ring」では、リング誌編集委員会や各国のボクシング記者、ランキング諮問委員会等のボクシング各界の著名人によって選考をおこない、毎月独自に各階級およびパウンド・フォー・パウンド(世界10位まで)の選手をランク付けした順位を発表している。

ランクは3つの要素によって決定される。

① 結果

最も明白で客観的な基準であり、ほかのすべての基準よりも優先される。

② パフォーマンス

ボクサーが勝敗の中でどのようなパフォーマンスを見せたか。支配率や圧倒的なシチュエーションなど、試合内容によって評価される。

③ 実績

ボクサーの最近の実績はランキングの順位を決める要因になる。倒してきた対戦相手のランクや質なども評価に含まれる。

The Ring誌 認定タイトルとは

「The Ring」では、ボクシング専門誌独自の認定王座を定めている。認定王座とは、各階級の「真の王者」を認定するタイトルベルトである。

The Ring誌タイトル認定条件

The Ring制定ランキングの同階級1位と2位が対戦すること。

1位と2位の対戦が実現せず、1位が3位と対戦する場合、編集部が3位のファイターが王座にふさわしいと判断した場合、その勝者にベルトが与えられる。

スポンサーリンク

ライト級 (61.23キロ)

認定王座 空位

ライト級の認定王座は、現在空位である。

1位 ワシル・ロマチェンコ

名前ワシル・ロマチェンコ
生年月日1988年2月17日
出身地ドニストロフスキー(ウクライナ)
身長170cm
リーチ166cm
タイプ左ボクサーファイター
階級フェザー級 (57.15キロ)
スーパーフェザー級 (58.97キロ)
ライト級 (61.23キロ)
実績世界3階級制覇
主要3団体統一(ライト級)

戦績

アマ戦績  398戦396勝1敗1分
プロ戦績  20戦17勝(11KO)3敗
世界戦戦績 16戦13勝(9KO)3敗
※2023年5月20日時点

ファイトスタイル・能力

ロマチェンコはボクサーファイターのサウスポースタイルだ。

ボクシング界のハイテクマシーンと言わた逸材、その技術力の高さはトップレベルだ。

相手の視界から消えてしまう程の左右への大きなステップワークからフック、ストレート、アッパーなど四方八方から攻撃を打つことができる非常にテクニシャンな選手

詳しい記事はコチラ↓

ワシル・ロマチェンコ選手の戦績と強さ分析

2位 ガーボンタ・デービス

名前ガーボンタ・デービス(ジャーボンテイ・デービス)
生年月日1994年11月7日
デビュー2013年2月22日
出身地ボルティモア(アメリカ
身長166cm
リーチ171cm
タイプ左ボクサーファイター
階級スーパーフェザー級 (58.97キロ)
ライト級 (61.23キロ)
スーパーライト級 (63.50キロ)
実績世界3階級制覇

戦績

アマ戦績  221戦206勝15敗
プロ戦績  29戦29勝(27KO)無敗
世界戦戦績 12戦12勝(11KO)
※2023年4月22日時点

ファイトスタイル・能力

ガーボンタデービスは、ボクサーファイタータイプのサウスポースタイルだ。

対戦者の動きを読み、攻撃や防御のスキを瞬時に見極めタイミングをズラしたパンチを打ち込み相手を圧倒してしまうボクサーだ

パワー・オフェンス・スピード・スタミナ・バトルプラン(戦略力)に関して、どれも一流で天才的。彼の一発で終わらせるボクシングを好きなファンは、たくさんいるだろう。

詳しい記事はコチラ↓

ガーボンタ・デービス選手の戦績と強さ分析

3位 イサック・クルス

名前イサック・クルス(Isaac Cruz)
生年月日1998年5月24日
デビュー2015年3月14日
出身地メキシコ
身長163cm
リーチ160cm
タイプ右ファイター
階級ライト級 (61.23キロ)

戦績

アマ戦績  85戦73勝(50KO)12敗
プロ戦績  28戦25勝(17KO)2敗1分
世界戦戦績 1戦1
※2023年7月29日時点

ファイトスタイル・能力

イサッククルスは、右オーソドックススタイルのファイタータイプである。

ライト級では相当小柄だが、頑丈な身体と豊富なスタミナを活かし、大きい相手を次々となぎ倒している。ガーボンタ・デービスとの激闘は特に素晴らしかった。デービスの強打を防ぎ、プレッシャーをかけてアッパー・フックの強振を何度もヒットさせてみせた。結果的には敗北したものの、確実にクルスの評価を上げる名試合となった。

詳しい記事はコチラ↓

イサック・クルス選手の戦績と強さ分析

スポンサーリンク

本記事は、以上になります。本サイトでは、他にも格闘技に関する記事をたくさんアップしています。少しでも興味をお持ちの方は、ぜひ他の記事もご覧ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク