田中恒成選手の戦績と強さ分析【ボクサー紹介】

ボクサー強さ解説
スポンサーリンク

本記事では、世界最速記録プロ21戦目の4階級制覇王者・田中恒成選手について、戦績やファイトスタイル、特徴など、田中恒成のその強さについて解説していきます。

よろしくお願いします。

プロフィール

名前田中 恒成(たなか こうせい)
生年月日1995年6月15日
デビュー2013年11月10日
出身地岐阜県多治見市
身長164cm
リーチ164cm
タイプ右ボクサーファイター
階級ミニマム級 (47.62キロ)
ライトフライ級 (48.97キロ)
フライ級 (50.80キロ)
スーパーフライ級 (52.16キロ)
実績世界4階級制覇
(世界最速記録21戦で達成)

スポンサーリンク

戦績

アマ戦績  51戦46勝(13KO)5敗
プロ戦績  21戦20勝(11KO)1敗
世界戦戦績 11戦10勝(5KO)1
※2024年2月24日時点

試合実績

日付勝敗結果時間対戦相手国籍備考
12013年11月10日6R判定3-0オスカー・レクナファインドネシアプロデビュー戦
22014年3月16日8R判定3-0ロネル・フェレーラスフィリピン 
32014年7月20日1R 1:55KOクリソン・オマヤオフィリピン 
42014年10月30日10R 0:50TKO原隆二(大橋)日本OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
52015年5月30日12R判定3-0フリアン・イェドラスメキシコWBO世界ミニマム級王座決定戦
62015年12月31日6R 2:15KOビック・サルダールフィリピンWBO防衛1
72016年5月28日6R 2:23KOレネ・パティラノフィリピン 
82016年12月31日5R 1:52TKOモイセス・フェンテスメキシコWBO世界ライトフライ級王座決定戦
92017年5月20日12R判定3-0アンヘル・アコスタプエルトリコWBO防衛1
102017年9月13日9R 1:27TKOパランポン・CPフレッシュマートタイWBO防衛2
112018年3月31日9R 2:26TKOロニー・バルドナドフィリピン 
122018年9月24日12R判定2-0木村翔(青木)日本WBO世界フライ級タイトルマッチ
132019年3月16日12R判定3-0田口良一(ワタナベ)日本WBO防衛1
142019年8月24日7R 2:49TKOジョナサン・ゴンサレスプエルトリコWBO防衛2
152019年12月31日3R 2:29KOウラン・トロハツ中国WBO防衛3
162020年12月31日×8R 1:35TKO井岡一翔(Ambition)日本WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
172021年12月11日10R判定2-1石田匠(井岡)日本 
182022年6月29日5R 2:52TKO橋詰将義(角海老宝石)日本WBOアジアパシフィックスーパーフライ級タイトルマッチ
192022年12月11日10R判定3-0ヤンガ・シッキボ南アフリカ共和国 
202023年5月21日10R 2:43TKOパブロ・カリージョコロンビア 
212024年2月24日  12R 判定3-0クリスチャン・バカセグアメキシコWBO世界スーパーフライ級王座決定戦
スポンサーリンク

ファイトスタイル・能力

田中恒成は、右オーソドックススタイルのボクサーファイタータイプだ。

手数の多さ、アグレッシブさ、攻撃のバリエーションの多さを武器とする連撃型ボクサーファイターである。無敗記録は、井岡に止められてしまったが、試合内容は好評だった。4階級制覇を成し遂げた今、次なる標的はIBF王者フェルナンド・マルティネスだ。その山を乗り越えれば、井岡一翔とのリマッチも現実味を帯びてくるだろう。今後の活躍にも非常に注目である。

オフェンス

左右のスピードのあるコンビネーションが非常に強力である。中でも左の上下への打ち分けが非常に良く、ハンドスピード・パワーともに有効的な攻撃である。

左ボディ、左フックなど左の攻撃からコンビネーションを組み立てる印象である。

細かくステップを踏みながら、相手の動きや隙に合わせて、次々に攻撃を打ち込んでいく。そういった手数の多さも田中恒成の強みの1つであるだろう。

アグレッシブさの感じられるオフェンスであり、ボクシングファンを熱狂させるような試合をおこなうため、観ていて非常に楽しめる選手である。

ディフェンス

ウィービング、ダッキング、バックステップを中心としてディフェンスをおこなう印象である。ステップバックの反応スピードが良く、中長距離間のディフェンスは非常に良い印象である。

しかし、インファイトのディフェンスに関しては、少し左手が下がってしまう時が見られるため、近距離での攻防では、やや被弾が増えてしまう印象である。井岡との試合でも、近距離が得意な井岡に距離を詰められ、何発もの左フックを当てられてしまった。

今は改善されているかもしれないため、インファイトのディフェンスに関しては、彼の対応を今後注目してみてほしい。

スポンサーリンク

スーパーフライ級主要選手
関連記事はコチラ↓

ファン・フランシスコ・エストラーダ選手の戦績と強さ分析

井岡一翔選手の戦績と強さ分析

ローマン・ゴンサレス選手の戦績と強さ分析

本記事は、以上になります。本サイトでは、他にも格闘技に関する記事をたくさんアップしています。少しでも興味をお持ちの方は、ぜひ他の記事もご覧ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク