重岡優大選手の戦績と強さ分析【ボクサー紹介】

ボクサー強さ解説
スポンサーリンク

本記事では、ワタナベジムの軽量級期待の兄・重岡優大選手について、戦績やファイトスタイル、特徴など、重岡優大のその強さについて解説していきます。

よろしくお願いします。

プロフィール

名前重岡 優大(しげおか ゆうだい)
生年月日1997年4月16日
デビュー2019年10月30日
出身地熊本県熊本市
身長160cm
リーチ?cm
タイプ左ボクサーファイター
階級ミニマム級 (47.62キロ)

現在は、WBC世界ミニマム級王者である。

スポンサーリンク

戦績

アマ戦績  91戦81勝(21KO)10敗
プロ戦績  8戦8勝(5KO)無敗

世界戦戦績 2戦2勝(1KO)無
※2023年10月7日時点

試合実績

日付勝敗時間内容対戦相手国籍備考
12019年10月30日2R 2:16TKOマノップ・ウドムパナーワーリータイプロデビュー戦
22019年12月10日6R判定3-0リト・ダンテフィリピン 
32021年2月11日5R 2:42TKO堀川龍(三迫)日本日本ライトフライ級ユース王座決定戦
42021年11月12日12R判定2-0小浦翼(E&Jカシアス)日本WBOアジアパシフィックミニマム級王座決定戦
52022年7月6日3R 0:59KOクリス・ガノーサフィリピンWBOアジアパシフィック王座防衛1
62022年11月17日3R 1:20KO仲島辰郎(平仲)日本日本ミニマム級王座決定戦
72023年4月16日7R 0:25KOウィルフレド・メンデスプエルトリコWBC世界ミニマム級暫定王座決定戦
82023年10月7日12R判定3-0パンヤ・プラダブスリタイWBC世界ミニマム級王座統一戦
WBC防衛1
スポンサーリンク

ファイトスタイル・能力

重岡優大は、サウスポースタイルのボクサーファイタータイプである。

弟の銀次朗とともに軽量級で活躍している期待の日本人ボクサーである。中学1年の時から積み重ねた高いボクシングスキルを武器とし、ミニマム級世界チャンピオンにまで登りつめた将来に期待の高い選手だ。

オフェンス

気迫溢れるダイナミックな攻撃を持ち味とし、パワーが非常に高く、高いオフェンススキルも持ち合わせている。

前手を伸ばし、距離を図りつつ、相手の入りのタイミングに合わせ左カウンターを狙っていくスタイル。シンプルではあるものの、その戦略に織り交ぜる、強力なアッパー打ちも得意としており、左から組み立てる一発が非常に強力である。

また、接近戦での右フックも強力である。身体が流れて体勢が崩れることも見られるが、威力、タイミングと非常に良い攻撃である。

ディフェンス

重岡優大のディフェンスは、主にバックステップ、ダッキング、両手ガードをおこなう印象だ。軽量級の速い展開にも、しっかりと対応しており、ディフェンステクニックに関してもオフェンス同様、高い能力を有する。

しかし、離れた距離でのディフェンスは良い印象だが、接近戦では、時々正面からの攻撃を当てられるケースも見られるため注意が必要だ。

スポンサーリンク

ミニマム級主要選手
関連記事はコチラ↓

ノックアウト・CPフレッシュマート選手の戦績と強さ分析

重岡銀次朗選手の戦績と強さ分析

本記事は、以上になります。本サイトでは、他にも格闘技に関する記事をたくさんアップしています。少しでも興味をお持ちの方は、ぜひ他の記事もご覧ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク