ザンダー・ザヤス選手の戦績と強さ分析【ボクサー紹介】

ボクサー強さ解説
スポンサーリンク

本記事では、プエルトリコの神童・ザンダー・ザヤス(Xander Zayas)選手について、戦績やファイトスタイル、特徴など、ザヤスのその強さについて解説していきます。

よろしくお願いします。

プロフィール

名前ザンダー・ヤロブ・ザヤス・カストロ(Xander Yarob Zayas Castro
生年月日2002年9月5日
デビュー2019年10月26日
出身地プエルトリコ
身長178cm
リーチ188cm
タイプ右ボクサー
階級スーパーウェルター級 (69.85キロ)
実績2018年の全米ユース選手権を含む
11の全国選手権トーナメントで優勝
ボクシングビート最新号はコチラ

戦績

アマ戦績  130戦以上
プロ戦績  17戦17勝(11KO)無敗
世界戦戦績 なし
※2023年9月23日時点

試合実績

日付勝敗 結果時間対戦相手
172023年9月23日TKO5R 0:40ロベルト・バレンスエラ
162023年6月10日判定8Rロナルド・クルーズ
152022年12月10日判定8Rアレクシス・サラザール
142022年8月13日TKO5R 0:23エリアス・エスパーダス
132022年3月19日判定8Rクインシー・ラヴァレー
122021年12月11日TKO1R 2:52アレッシオ・マストロヌンツィオ
112021年10月23日TKO4R 3:00ダン・カーペンシー
102021年9月10日判定6Rホセ・ルイス・サンチェス
92021年6月12日TKO3R 0:58ラリー・フライヤーズ
82021年4月24日TKO1R 0:56デマーカス・レイトン
72021年2月20日判定6Rジェームス・マーティン
62020年10月16日TKO1R 0:55アンソニー・カーチス
52020年9月4日TKO1R  2:06オーランド・サルガド
42020年2月28日TKO3R 1:14メルクリン・ベイリー
32020年1月11日判定4Rコーリー・チャンピオン
22019年11月30日TKO1R 1:48ヴァーゲル・ウィンドフィールド
12019年10月26日KO1R 1:24ジェネシス・ウィン
スポンサーリンク

ファイトスタイル

ザヤスは、オーソドックススタイルのボクサータイプだ。

フットワーク・スピードに優れ、それに加えKO率も高くパワーも申し分ない。その上、実力者からも問題なく勝利している非常に期待値の高い若手有望選手の1人だ。

オフェンス

スピードが速いオフェンスが彼の持ち味だ。

特に左ジャブが非常に速い。また、距離をとるための軽いジャブやダメージを与えるパワージャブなど、使い分けも素晴らしい。

また、スピードだけではなく、攻撃のタイミングを合わせるのも非常に上手い。

KO率からも分かる通り、相手を仕留めきるタイミングの良い攻撃、仕留めるパワーも兼ね備えている。ジャブの精度が高いからこそ、右ストレート攻撃も機能してくる。非常に総合力の高いボクサーである。

ディフェンス

基本は距離をとるアウトボクシングを主体とする。スウェーやバックステップのディフェンスをおこなう。また、距離をとるためのサイドステップも反応速度が速く。一瞬で相手の射程圏外へ移動することが可能である。

インボクシングには応じない。彼の得意な距離をキープするためのディフェンステクニックが備わっている印象だ。

世界ボクシングパーフェクトガイドはコチラ

本記事は、以上になります。本サイトでは、他にも格闘技に関する記事をたくさんアップしています。少しでも興味をお持ちの方は、ぜひ他の記事もご覧ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク